Top >> 顔面痙攣手術日記(目の下ピクピクが止まらない)

顔面痙攣手術日記(目の下ピクピクが止まらない)

3年ほど前から、目の下がピクピク痙攣するようになりました。


最初は人目につかないほどだったので、疲れ目かストレスでの痙攣だと軽く考えていました。

実際、疲れで、眼の下の痙攣はよくあることですし、ネットでは「自然治癒した」という方もいらっしゃって
「自分もそのうち治るかもしれない」と思っていたのです。

私の場合は、片側顔面けいれん治療方法とされる

  • 鍼灸に週二回を半年
  • 眼医者さんでミオピン点眼液
  • 眼医者さんでボトックス注射
  • 漢方の抑肝散陳皮半夏(朝・昼・晩)
  • 顔面麻痺の本を購入してマッサージ

はたまた
三叉神経に近い血管が触れて痙攣すると知り
高血圧や動脈硬化が原因か(実際は数値的には正常範囲内)
と、血管の圧を弱めるために、減塩食やノンオイルの食事にしたりしたのですが


何をやっても

治りませんでした。


(上記の方法で治る人もいます。私が参考にさせていただいた方の体験をリンクしておきましたので、詳細を知りたい場合はクリックしてみてください。)

片側顔面けいれんのモヤモヤする部分として


一時的に収まるときもあることや
病気とは違って、普通に生活できるので
ゴマカシごまかし生活してしまうことです。
そのうえ
この状況は一般的には知られていないので、顔面痙攣 何科を受診したらいいのか解りませんでした。


ところが、
『名医のTHE太鼓判! 新春!芸能人余命宣告SP』(TBS系)というテレビ番組で
芸人の、とろサーモン久保田さんも顔面痙攣で、脳外科の先生から
「手術をしなければ根治はしない」とハッキリ言われているのを見て顔面痙攣手術を決断できました。
正式には、頭蓋内微小血管減圧術といいます。


この文章を書いているのは、この手術の前日です。
手術を怖がっていた、とろサーモン久保田さん、その他にもこの症状に悩んでいる方に
「顔面痙攣手術日記」を届けます。

顔面けいれん入院初日

顔面痙攣入院2日目

辛かった手術当日

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)