Top >>  お節介にならない境界線とは

お節介にならない境界線とは

友達なら純粋に、あなた自身を受け入れて、あなたといるのが好きだからあっているのです。

なのに、あなたがプレゼントや過剰な助けをすることにより、 友達があなたと合う理由は、好きだからではなく、何かもらえるから、、、が入ってしまうんです。

お節介は友達関係を壊すわけです。

お節介・世話焼きとは

  • 自分でできることなのに、あなたが代わりにやる
  • 助けてほしいと言われていないのに、欲求に応える
  • 他人の問題に首を突っ込む
  • 助けてほしいと言われても、必要以上にやってしまう
  • 他人が望んでいないのに手を貸す
  • 受け取った以上のものを相手に与えること
  • 他人の気持ちに配慮するが自分のことは顧みない
  • 他人をかばって、代わりに自分が受け止めること
  • 相手の言葉をあなたが代弁する
  • 共同作業で、もう一方の人より頑張りすぎる
  • 自分が必要としていることは言わない
  • 自分の気持ちに対応する代わりに、他人の行動を思いやる
  • 好かれたいために、人に尽くすこと
  • 理解していないのに、相手の為に弁解すること
  • 自分の価値に見合う報酬を受け取らないコト
  • 世話を焼かずにいられず、いつやめればいいかわからない

メロディ・ビーティ著


それでは、

お節介にならない付き合い方

と言うのはどういうものだろうか

  • 心の底からの慈愛で行う行為
  • 互いにギブ&テイクしあう関係
  • 寂しいとか、頼られたいからではなく、いい気分になるために尽くす
  • 手助けすることによって自分も立ち直るーために行う支援
  • 助けが必要か尋ね、相手の要望通りに助けたいと思い行う
  • 行動の責任を取っても被害者意識に陥らない
  • 他者に対する真の責任を考え果たすこと
  • 全員が自分の責任を全うしなければならないという支援契約


私の母の友人なのですが、しょっちゅう他人に手作りの
菓子やお惣菜を配っているのに
ひかれている人がいます。

本人は、相手から好かれるために、良かれと思って
モノをあげたり、異常に褒めたり尽くしているつもりなのだが
避けられている。


自分でも作れるし、余ってしまうのに
「ありがとう」って気を使ってもらわなければならないのを
本人は知らないんです。

お節介というのは、お惣菜だけのことではなく、
言葉も行動もすべてにおいて言えることですね。

キャバクラでも、男性が貢いでも貢いでも
追いかけるのは男性で、キャバ嬢は
本気にならないですよね。

子供に何でも買い与える親もそう。

確固たる信頼関係のもと、本当の相手の幸せを考えれば
お節介に気づくはずですね。

コメントする

(お気軽にコメントして下さい☆丁寧にお答えします。コメントは承認されるまでは表示れませんが今しばらくお待ち下さい。)

関連エントリー

友達できる主婦の派遣バイト
お節介にならない境界線とは
アドラー心理学流!親友の作り方
主婦 友達がいない人へ
40代50代60代など中高年
金持ちと知り合う方法
電話で誰かと話したいときに!
聞き上手なるコツ
主婦友達
友達いない寂しいオーラは出さない